bbクリームを受けて、より進化したのがccクリーム

敏感肌の人は、日中ずっと付けることになるファンデーション選びは特に慎重に行いたいものです。

 

一般的にファンデーションといえば、パウダータイプとリキッドタイプとに分かれますが、前者は軽い使い心地というのがメリットの一方、油分が少ないため保湿という点ではやや劣るというデメリットがあります。

 

 

一方、後者はクリーム状であることから油分が多めで保湿という点では大変優れていますが、どうしても厚塗りメイクという印象を与えてしまいがちで、ニキビなど肌トラブルが発生しやすいというデメリットもあります。しかし、シミやソバカス隠したいといった場合には、リキッドファンデーションの方が効果が高いのは言うまでもありません。

 

 

しかし、リキッドファンデーションは、シミや毛穴を隠して肌をキレイに見せるために、さまざまな成分が配合されており、中にはあまりおすすめではないものも含まれています。

 

 

例えば、シリコンや合成界面活性剤、タール系色素などが代表的な成分です。

 

このような成分は、敏感肌の人が使い続ければ肌トラブルを起こしてしまうでしょう。

 

 

また、強力なカバー力のあるものほど、クレンジングは丁寧に行う必要があります。

 

 

丁寧に行ってクレンジング剤を完全に落とすことは必要なことではありますが、そのためにたいていは皮膚を擦ってしまうなど、余計な負担をかけてしまうのです。

 

 

そこでおすすめなのはccクリームです。

 

ccクリームは、先に出回って好評を博していたbbクリームを受けて、より進化したものをと化粧品会社が開発して発売されるようになったものです。

 

 

ケロイドなどをカバーするために医療機関で使われていたbbクリームを、より化粧品というものに特化して開発されたのがccクリームなのです。

 

 

つまり、女性の気になるシミやソバカス、毛穴などは非常に上手に隠してくれるというわけです。

 

 

ccの意味は明確な定義づけはされておらず、「Color Control(カラーコントロール)」「Color Conditioning(カラーコンディショニング)」など、メーカによってさまざまな解釈があります。

 

 

しかし、ccクリームの主な役割は下地と肌色の補正にあるといって良いでしょう。

 

 

赤ら顔やくすみが目立つ場合は、ccクリームを使うことで上手にカバーすることができます。

 

 

bbクリームほどは強力なカバー力はないものの、まるですっぴんかと思うほどにナチュラルな肌を作り上げることができるのです。非常にみずみずしい使い心地があることが特徴で、肌にすっと馴染み、健康的でさわやかな皮膚を演出してくれます。

 

 

いずれも程度の差はあるものの、シミやソバカス、毛穴をカバーしてくれるという共通点があるわけですが、リキッドファンデーションとccクリームの違いとは、スキンケア効果があるかないかという点が挙げられるでしょう。もちろん、その効果があるのはccクリームです。

 

 

ccクリームには、コラーゲンやヒアルロン酸といった、スキンケア商品に配合されているような美容効果の高い成分が含まれていることが特徴なので、下地のように使って肌色をコントロールしつつ、スキンケア効果までもを手に入れられるというわけです。

 

 

これは女性にとっては非常にうれしいメリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

ccクリームの主な効果といえば下地であるにも関わらず、使い続けることによって、少しずつ肌がキレイになれるというメリットもあるわけです。

 

 

また、bbクリームなどに比べればカバー力はそれほどないことから、クレンジングや洗顔をそこまで頑張らなくても汚れを起こすことが可能です。

 

 

その分、肌にかかる負担も少なくなすることができるといえるのです。

 

 

また、スキンケア効果が高いことから、ccクリームの多くは、これ1本で化粧水や乳液、美容クリームの役割までもを果たしてくれるものも各メーカーから発売されています。もちろん、これに加えてリキッドファンデーションの効果もあるわけです。

 

 

メーカーによっては、日焼け止めクリームの役割まで果たしてくれるものもあるでしょう。

 

 

そうなると、時短が実現するだけでなく、肌に何度も化粧品を塗布する必要がないことから肌にかかる負担を大きく軽減することができます。

 

 

つまり、より肌に優しいのは、ccクリームだといって良いでしょう。

 

 

リキッドファンデーションは、化粧水や乳液、美容クリームなど、通常のスキンケアを行った後で使用するメイク用品なので、その分、肌への負担は大きくなってしまいます。

 

 

しかし、どちらにもメリットとデメリットがあるので、シーンによって使い分けるというのもおすすめです。

 

 

例えば、パーティーに出席するとなれば、ばっちりメイクで決めていきたいところなので高いカバー力のあるリキッドファンデーションを使うのも良いですし、普段使いとしてはスキンケアもできて時短にもなるccクリームを使うというのが良いのではないでしょうか。