成分と機能の違い


粉ファンデーション、クリームファンデーション、リキッドファンデーション、bbクリームなど、種類もカラーも様々な物が出ておりますが、比較的新しいファンデーションのタイプがbbクリームになります。

 

粉ファンデーションやクリームファンデーションのが以前からありますが、リキッドファンデーションとbbクリームはチューブ式の物が多く、見た目としては同じように見えてしまいますが、リキッドファンデーションとbbクリームの違いは、配合されている成分と機能が違います。

 

 

基本的に、リキッドファンデーションはカバー力が強い物が多く、肌を美しく見せる為に特化されており、艶やかなハリのある健やかな肌に見せるのに非常に効果が高く、またシミやそばかすといった肌の悩みを隠すのにも優れています。

 

肌荒れが起こっていても、肌馴染みが良いように改良されていることから、肌のトラブルを隠して美しく見せるのには非常に優れています。

 

また、紫外線対策になるUV機能や肌を健やかに保つ為に美容成分なども含まれています。

 

 

bbクリームも肌を美しく見せる効果がありますが、リキッドファンデーションとの違いはそれだけでなく、化粧水や美容液、乳液、といった基本的な肌ケアに必要な成分がたっぷりと含まれており、そこに加えて紫外線対策のUV機能もあります。

 

 

bbクリームのが美容成分や紫外線対策機能が優れてはいます。

 

 

また、洗顔後bbクリームのみで全てのケアを行うことが出来ます。
忙し時や、肌ケアを行うのが面倒な時などにはぴったりのアイテムになります。

 

 

肌に優しいのはbbクリームのが美容成分がたっぷりと含まれており、通常のファンデーションと違って、化粧水や美容液、乳液を付ける手間もない為肌への負担が掛かりにくくはなります。

 

そう考えると、肌に優しいのはbbクリームのが良いかもしれません。
しかし、肌の悩みに合わせてケアを行うことが大切なので、一概にどちらが絶対にいいとは言い切れない部分があります。

 

 

確かに、bbクリームには肌に優しい美容成分がたっぷりと含まれてはいますが、自分自身が持っている肌の悩みを解決するのに特化した成分が含まれているとは限りませんので、例えばニキビケアをしたいと考えているのであれば、専用の化粧水や美容液、乳液を使ってケアしたのが肌を優しく労わることが出来ます。

 

 

もちろん、通常の化粧水や美容液、乳液を使った後にbbクリームを塗っても問題なく使うことが出来ますが、場合によっては化粧崩れが起こりやすくなる可能性もある為、使用時には気を付ける必要があります。

 

 

リキッドファンデーションとbbクリーム、自身の肌やライフスタイルに合わせて使い分け、朝は忙しくて肌ケアが出来ない時にはbbクリームを使用するなど、必要に応じてbbクリームを使用する時にも他の美容ケア製品を使うなどして使いやすいように工夫することによって、肌への負担が掛かりにくくなり、また肌を美しく見せることが出来ます。

 

 

 

肌を美しく見せると同時に、肌悩みをカバーすることが出来るファンデーション、肌に施すことによって肌艶を美しく見せたり、気になるシミやそばかすを隠したり、赤ら顔を隠したりすることによって、見た目を美しく見せる効果があり、メイクを施す際には、ベースメイクと呼ばれることがあります。

 

目や鼻、唇といった箇所よりも顔の面積の比率が多く、実際に肌は顔全体の印象を変えることがある上に、アイメイクやリップを際立させるのにもやはり美しい状態であったのが良いです。

 

顔の表面を覆う皮膚ですが、非常にデリケートな部分であり、傷つきやすくはなりますが、美しい肌に見せることによって、お顔全体を明るい印象にし健やかで若々しいイメージを与えることが出来ます。

 

綺麗に見せる為には日頃から洗顔や化粧水や美容液、乳液、マッサージやパックといったスキンケアを行うことによって肌の老化を抑えて新陳代謝をアップさせ美しい肌を作ることが出来ますが、それでもトラブルが起こってしまうことがあり、それらをカバーしてくれるのが、ファンデーションの役割になります。

 

江戸時代などの大昔の女性も美しい肌にする為にほ施していたメイク、現代社会ではファンデーションの質もかなり改良されており、落ちにくいだけでなくカバー力やその他機能面でもかなり良くなっています。

 

肌はデリケートな場所ですから、外部からの刺激から守ってあげることによって、肌トラブルが起こりにくくなります。その一つが紫外線を予防することになりますが、顔以外の肌は衣服などを身に纏うことによって紫外線から守ることが出来ますが、顔の場合は露出しておかなければならない場所となり、サングラスやマスクで紫外線対策を行うとは言っても、限界があります。
その為、一般的には日焼け止めクリームを塗ることで紫外線対策を施すのですが、ファンデーションを使うことも、紫外線対策になります。